サーキュラーシティ丸の内 ゴミ=資源 循環のデザイン

8月19日(金)からGOOD DESIGN Marunouchiで始まる企画展『サーキュラーシティ丸の内 ゴミ=資源 循環のデザイン』に東京フォトグラフィックリサーチとして参加します。

今回は丸ビルと新丸ビルの塵芥室を見学し、江戸川区と江東区のリサイクルセンターで撮影・録音を行いました。空間を満たすダイナミックな動きや強烈なディティールに着目した小山泰介・山本華による写真作品と、フィールドレコーディングを元にした梅沢英樹のサウンド作品によって、ゴミと資源の分水嶺に新たな視点をもたらします。

【展示概要】

会期:2022年 8月19日(金)ー 9月20日(火)
時間:11:00-20:00
会場:GOOD DESIGN Marunouchi、丸の内、東京
企画・主催:公益財団法人日本デザイン振興会
協力:三菱地所株式会社
アート協賛:大丸有SDGs ACT5実行委員会
アート展示:TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH PROJECT
取材協力:AIPA株式会社、市川環境エンジニアリング株式会社、NPO法人大丸有エリアマネジメント協会、株式会社春江、三菱地所株式会社 エコファニ、三菱地所プロパティマネジメント株式会社、株式会社Nature Innovation Group アイカサ
アートディレクション・デザイン:廣村正彰 コピー:蓑田雅之 映像・編集:垂見幸哉

https://www.jidp.or.jp/ja/2022/08/11/gomiten2022

【ゴミ=資源 循環のデザイン】
資源から原材料を作り、さまざまな工程を経て作られたプロダクトを消費者の元に届ける一連の流れを「サプライチェーン」と呼びます。「サーキュラーシティ丸の内」は、「ゴミ=資源」を川上とするもう一つのサプライチェーンをデザインする取り組み。人やモノをつなげることで、街に新たな循環を生み出します。
本展では、日本の経済を支えるエリアのひとつ、丸の内エリアの「ゴミ=資源」の循環のデザインを、8つの事例を通して探ります。
また、アーティストの目線から有楽町の風景を捉え直す「有楽町アートサイトプロジェクト」に取り組んできた「東京フォトグラフィックリサーチ(TPR)」は、「ごみ」と「資源」をテーマに制作した写真・サウンド作品を展示。アートとデザイン双方からのアプローチで「ゴミ=資源」のリアルを体感してください。(プレスリリースより)

【サーキュラーシティ丸の内とは】
「循環経済(サーキュラーエコノミー)」とは、資源を循環利用し続けながら、新たな付加価値を生み出し続けようとする経済社会システムのこと。大量生産・大量消費を前提し、資源の循環利用を想定しない「線形経済(リニアエコノミー)」の反対概念として位置付けられ、資源の浪費に依存しない持続可能な経済発展に貢献します*1。
この循環経済を街レベルで実現しようとしているのが、「丸の内エリア(大手町・丸の内・有楽町)」にあるビル約30棟の廃棄物を管理する三菱地所が始めた、循環型社会の実現に向けた取り組み「サーキュラーシティ丸の内」です。 この取り組みでは、「Reduce(リデュース)」、「Reuse(リユース)」、「Recycle(リサイクル)」の3Rや、シェアリング、アップサイクルを推進し、2030年までに廃棄物再利用率100%を達成し、さらに単位面積あたりの廃棄物排出量を20%削減(2019年度比)することを目指しています。
*1 出典:一般社団法人循環経済協会ウェブサイト

【大丸有SDGs ACT5について】
大手町・丸の内・有楽町地区(以下、大丸有エリア)を起点にSDGs達成に向けた活動を推進する「大丸有SDGs ACT5」。取組3年目となる今年は、5月9日(月)から11月30日(水)の約7ヶ月間をコア期間として、「サステナブルフード」「環境」「WELL-BEING」「ダイバーシティ&インクルージョン」「コミュニケーション」の5つのテーマで多様なアクションを展開します。2030年のSDGs目標達成に向けて、企業や団体の枠を超え、街ぐるみでSDGsにチャレンジします*2。
*2 出典:大丸有SDGs ACT5 ウェブサイト

TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD 2022

TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD 2022

今回から「TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD」の審査員に加わることとなりました。

募集期間:2022年7月1日(月)〜8月29日(木)
公開審査:2022年9月4日(日)

審査員:
ホンマタカシ(写真家)
佐々木敦(評論家/HEADZ主宰)
港千尋(写真家/映像人類学者/多摩美術大学教授)
小山泰介(写真家)
千葉雅也(現代哲学/立命館大学大学院先端総合学術研究科教授)
大山光平(Newfave主宰)
川島崇志(写真家/東京工芸大学准教授)
多和田有希(アーティスト/京都芸術大学准教授)
後藤繁雄(編集者/クリエイティブディレクター/京都芸術大学教授)

https://www.tflphotoaward.com/

glancy

glancy

アートに特化した有機EL・4Kディスプレイ「glancy」にて、新作《PHOTONS (RMGCBY)》を発表しています。
作品は「glancy」専用オンラインギャラリープラットフォーム「J-GARO」のサブスクリプションに登録することで、自由に表示することができます。OLEDを使った圧倒的な解像感のディスプレイで写真を鑑賞する体験をぜひお楽しみください。

glancy: https://glancy.jp
J-GARO: https://j-oledgaro.net/

YAU TEN

YAU TEN

5月20日(金)〜27日(金)の8日間、有楽町アートアーバニズムプログラム「YAU(ヤウ)」の成果展「YAU TEN」を開催します。

TPRは有楽町ビル10FのYAU STUDIOを拠点として、スタジオプログラム『INSIGHT/ONSITE: Studio TPR』を展開してきました。3月の「OPEN STUDIO」では、制作プロセスやリサーチの様子を公開しましたが、今回の「YAU TEN」では、約30名のアーティストや学生が作品を発表するYAU STUDIOに加え、丸ノ内仲通りを中心に街路やビル共有部、空き店舗空間など計6ヶ所で作品を発表します。

【TPRアーティスト展示会場】

①有楽町ビル10F「YAU STUDIO」:ARCHI HATCH、石毛健太、小山泰介、志賀耕太、GC Magazine、SO×丸尾隆一、築山礁太、三野新、村田啓、山本華、東京工芸大学芸術学部写真学科 川島研究室

②有楽町ビル 1F 共有部:山本華

③新有楽町ビル1F 貫通通路中央:小山泰介

④新有楽町ビル1F 105区画:GC MAGAZINE

⑤国際ビルB1F 112-114区画:梅沢英樹 + 佐藤浩一

⑥新東京ビル1F 貫通通路中央・115区画:小山泰介

⑦三菱一号館美術館 広場:石毛健太

約3ヶ月間のスタジオプログラムを通じて、アーティストや学生たちがどのように街を見つめ、試行錯誤し、介入し、協働し、どのような作品を街にもたらすのか、その成果を是非ご覧下さい。

【料金・申込み】
入場無料ですべての展示をご覧いただけます(一部有料プログラムあり)。
来場は下記Peatixよりお申し込み下さい。

https://yau-ten.peatix.com/

【TALK SESSION】
5月20日(金)、21日(土)、23日(月)、24日(火)に、YAU参加のアーティスト・建築家・デザイナー・編集者に加え、企業人としてアーティストと協働する方々をゲストにお招きしてお送りするクロスジャンルトークセッションを開催します。
詳細は下記Noteをご覧下さい。
https://note.com/arturbanism/n/neab7c33af072

—–

【YAU TEN 開催概要】
YAU始動の2月よりYAU STUDIOにてスタジオプログラム『INSIGHT/ONSITE: Studio TPR』を実施してきたTOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH(TPR)が、今回のYAU TENでは、スタジオにとどまらず、有楽町の街なかも舞台に作品を発表します。YAU STUDIOでは立体や音と映像の作品、3Dアーカイブデータなど写真の枠から拡張した表現形態の作品を公開し、仲通りを中心に街路やビル共有部、空き店舗空間では、複数のアーティストによる場と呼応した作品群を発表します。また、2021年12月より新有楽町ビル1階で展開中のアートプロジェクト「ソノ アイダ#新有楽町」では、藤崎了一、Hogaleeの2組が滞在制作を行います。街中でのデッドスペース攻略にも挑戦し、都市とアーティストの実践を有楽町で行います。(公式リリースより転載)

【名称】YAU TEN

【会期】2022年5月20日(金)〜27日(金)

【時間】12:00〜18:00

【会場】

・YAU STUDIO(千代田区有楽町1-10-1有楽町ビル10F)

・YAU COUNTER(千代田区丸の内3-1-1 国際ビル地下1F)

・ソノ アイダ#新有楽町ビル(千代田区有楽町1丁目12−1 新有楽町ビル 1F)

・新国際ビル(千代田区丸の内3-4-1)ほか


【参加アーティスト】

TPR:ARCHI HATCH、石毛健太、梅沢英樹+佐藤浩一、小山泰介、志賀耕太、GC Magazine、SO×丸尾隆一、築山礁太、三野新、村田啓、山本華、東京工芸大学芸術学部写真学科 川島研究室

ソノ アイダ:藤崎了一、Hogalee (2022年5月10日〜6月26日)


【主催】「有楽町アートアーバニズムプログラム」実行委員会
(一般社団法人 大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会、NPO法人大丸有エリアマネジメント協会)

【助成】公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京

【特別協賛】 三菱地所株式会社

【協賛】 エプソン販売株式会社、エコファニ、Polaroid、荒川技研工業

【協力】 株式会社アトム(A-TOM Co., LTD.)、東京工芸大学芸術学部写真学科 川島研究室(フォトメディア)、一般社団法人PAIR


【URL】https://note.com/arturbanism/n/n13d2228e7147

Meet Your Art Festival 2022 New Soil

Meet Your Art Festival 2022 New Soil

「Meet Your Art Festival 2022 New Soil」にて、企画展エントランス、サイン、屋外ステージに写真を提供しました。
エントランスやステージでは建築家・永山祐子さんとコラボレーションさせて頂きました。

会期:2022年5月13日(金)〜5月15日(日)
会場:恵比寿ガーデンプレイス
URL:https://avex.jp/meetyourart/newsoil/