#005 Photo Playground

#005 Photo Playground

会期:2019年2月1日(金)- 3月3日(日)*小山作品は2月27日(水)迄
時間:10:00-20:00
会場:Ginza Sony Park(地上フロア、地下1階〜3階)、銀座

主催:Ginza Sony Park
キュレーション:IMAプロジェクト、株式会社アマナ
参加作家:木藤富士夫、小池健輔、小林健太、小山泰介、ダミアン・プーラン、鈴木理策、関健作、藤原聡志 、本城直季
Web:www.ginzasonypark.jp

プレスリリースより抜粋:
Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)では「変わり続ける公園」をコンセプトとして、年間を通して驚きや遊び心が感じられる様々な体験型イベントやライブなどのプログラムを実施しています。
2月1日(金)より開催する実験的プログラムの第5弾は、写真のある豊かな暮らしを提案する〔IMA(イマ)〕をコラボレーターに迎え、”写真”の可能性を広げ、見るだけでなく新たな発見や体験ができる、アートフォトの立体展示『#005 PHOTO Playground』 をスタートします。

*小山の作品は展示期間が2月27日(水)までと展覧会期よりも若干短くなっておりますのでご注意下さい。

#005 Photo Playground

Period: 2019.2.1 (Fri) – 2019.3.3 (Sun)
Open: 10:00 – 20:00
Venue: Ginza Sony Park, Ginza, Tokyo

Organized by Ginza Sony Park
Curated by IMA Project, Amana
Web: www.ginzasonypark.jp

光るグラフィック展2

光るグラフィック展2

会期:2019年2月22日(金)- 3月28日(木)
時間:11:00-19:00 日祝休
会場:クリエイションギャラリーG8、銀座

主催:クリエイションギャラリーG8
企画協力:田中良治(Semitransparent Design)、谷口暁彦、萩原俊矢
参加作家:藍嘉比沙耶、exonemo、大島智子、葛西薫、亀倉雄策、カワイハルナ、北川一成、groovisions、小山泰介、佐藤晃一、Joe Hamilton、鈴木哲生、谷口暁彦、永井一正、永田康祐、Nejc Prah、長谷川踏太、原田郁、UCNV
Web:rcc.recruit.co.jp/g8

プレスリリースより抜粋:
今回の「光るグラフィック展2」では、ギャラリー内を、実空間(フィジカル)と3D空間(デジタル・バーチャル)で構成し、両方の空間で同じ作家の作品を鑑賞いただく体験をする展覧会です。
実空間では、ポスター、絵画、写真、映像などの作品を展示し、3D空間では、空間も作品もデジタル化された(発光している)状態でご覧いただきます。
デジタル技術の進化やインターネット環境の変化により、現実と仮想の境界がなくなってゆく中で、「オリジナル」の所在はどこにあるのか、現実空間と仮想空間のそれぞれに置かれたとき、グラフィックはどのように存在するか、体験していただく展覧会にしたいと考えております。

Illuminating Graphics 2

Period: 2019.2.22 (Fri) – 2019.3.28 (Thur)
Open: 11:00 – 19:00
Closed on Sunday & Public Holidays
Venue: Creation Gallery G8, Ginza, Tokyo

Organized by Creation Gallery G8
Planned and Coordinated by Ryoji Tanaka (Semitransparent Design), Akihiko Taniguchi, Shunya Hagiwara
Web: rcc.recruit.co.jp/g8

2018 SEOUL PHOTO FESTIVAL〈BRAVE NEW WORLD〉

2018 SEOUL PHOTO FESTIVAL〈BRAVE NEW WORLD〉

Period: 2018.11.1 (Thur) – 2019.2.10 (Sun)
Open: Tue – Fri 10:00 – 20:00, Sat – Sun 10:00 – 19:00
Closed on Monday
Venue: SeMA, Buk-Seoul Museum of Art, Seoul
Web: sema.seoul.go.kr

I will participate to 2018 Seoul Photo Festival with Rainbow Variation’s installation.

2018 ソウルフォトフェスティバル〈BRAVE NEW WORLD〉

会期:2018年11月1日(木)- 2019年2月10日(日)
時間:火 – 金 10:00 – 20:00、土日 10:00 – 19:00 月曜休
会場:SeMA, Buk-Seoul Museum of Art、ソウル
Web:sema.seoul.go.kr

2018 ソウルフォトフェスティバルにてRainbow Variationsのインスタレーションを展示します。

光画展 コウガテン RGB exhibition

光画展 コウガテン RGB exhibition

参加クリエーター:阿南圭吾 / 大西景太 / 岡室健 / 小杉幸一 / 小山泰介 / タナカヒロカズ / セミトランスペアレントデザイン・田中良治 / 仲條正義 / 前田エマ / 三船雅也

会期:2018年11月7日(水)- 11月25日(日)
時間:12:00-19:00 月・火定休(祝日を除く)最終日11月25日は17時まで
会場:OFS Gallery (OUR FAVOURITE SHOP内)、白金
企画:pages
Web:http://ofs.tokyo

プレスリリースより:
紙の豊かさを大切に、マテリアルの新しい可能性を、新しい技術や手法によって見つけ出すことを目的としたプロジェクトがPAPER DESIGN PROJECT BRAND「pages」です。私たちの活動は、表層的なデザインに捉われることなく、多くの人が自由に使える「紙=メディア」としての価値創出を目的としたデザインを試みています。
今回は、さまざまな分野で活躍するクリエーターにSILVER NANO INK(電気が通るインク)が刷られているダンボールのキャンバス回路上にLEDで光の画を描いていただきました。それぞれのクリエーター達の新しい表現やアイデアはもちろん、”光の絵の具”によって生まれた、豊かな紙の可能性をこの機会に是非ご覧ください。

SEEING WITHOUT A SEER

SEEING WITHOUT A SEER

Period: 2018.9.20 (Thur) – 9.30 (Sun)
Venue: Looiersgracht 60, Amsterdam
Organized by Radical Reversibility
Web: radicalreversibility.org

Artists: Anouk de Clercq (BE), Tom Callemin (BE), Marjolijn Dijkman (NL), Hans Gremmen (NL), Hiryczuk/ Van Oevelen (FR/NL), Toril Johannessen (NO), Taisuke Koyama (JP), Tuula Närhinen (FI), Juuso Noronkoski (FI), Martine Stig (NL), August Strindberg (SE), Mikko Rikala (FI)

SEEING WITHOUT A SEER

会期:2018年9月20日(木)- 9月30日(日)
会場:Looiersgracht 60(アムステルダム)
主催:Radical Reversibility
Web:radicalreversibility.org

Artists: Anouk de Clercq (BE), Tom Callemin (BE), Marjolijn Dijkman (NL), Hans Gremmen (NL), Hiryczuk/ Van Oevelen (FR/NL), Toril Johannessen (NO), Taisuke Koyama (JP), Tuula Närhinen (FI), Juuso Noronkoski (FI), Martine Stig (NL), August Strindberg (SE), Mikko Rikala (FI)

浅間国際フォトフェスティバル

浅間国際フォトフェスティバル

会期:2018年8月11日(土祝)- 9月30日(日)
時間:10:00 – 18:00 会期中無休
会場:長野県北佐久郡御代田町馬瀬口1794-1(旧メルシャン軽井沢美術館)周辺エリア
Web:http://asamaphotofes.jp
入場無料

—–

ASAMA INTERNATIONAL PHOTOGRAPHY FESTIVAL

Period: 2018.8.11 (Sat) – 9.30 (Sun)
Open: 10:00 – 18:00 *Open during the exhibition
Venue: 1794-1, Maseguchi, Miyota-machi Kitasaku-gun, Nagano, 389-0207, Japan (Former Mercian Karuizawa Art Museum) Area
Web: http://asamaphotofes.jp
Free Admission

TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH #01: PHASE TRANS

TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH #01: PHASE TRANS

G/P galleryにて帰国後初となる新作個展を開催します。ぜひご高覧ください。

会期:2018年4月27日(金)- 2018年6月23日(土) *会期延長されました
会場:G/P gallery(東京)
時間:12:00 – 19:00 日月休廊
Web:http://gptokyo.jp/

オープニング・トーク
日時:2018年4月27日(金)18:00 – 19:00
登壇者:山峰潤也(水戸芸術館 現代美術ギャラリー 学芸員)、小山泰介
モデレーター:後藤繁雄(G/P gallery ディレクター)
定員:20名 *要事前予約

オープニング・レセプション:2018年4月27日(金)19:00 – 21:00

プレスリリース:

G/P gallery では、2018年4月27日(金)より、小山泰介の新作個展『TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH #01: PHASE TRANS』を開催いたします。

『TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH』(以下、TPR)とは、小山と山峰潤也氏(水戸芸術館 現代美術ギャラリー 学芸員)が発起人となってはじめた現代写真プロジェクトです。TPRはオリンピックを目前に控えた東京の姿を、アーティストによる多様な視点からリサーチ・作品化し、2020 年以降の社会へと受け継ぐことを目的としています。本展ではその第一弾として、ロンドン、アムステルダムでの約4年の海外活動を経て昨年末に帰国した小山による、東京のフィールドリサーチによって制作された写真と映像を交えた新作インスタレーションを発表いたします。

これまでも東京の特異性は多くの写真家を惹きつけ、さまざまな方法論でそれぞれの時代や視点による変容の姿が記録されてきました。小山も写真家としての活動をはじめた2000年代初頭より東京をフィールドに撮影し、2008年に発表した写真集「entropix」では、都市の表層を有機的に変化する現象として微視的な視点で鮮やかに捉えるアプローチを試み、これは作家を抽象写真や実験写真の探求へと向かわせるきっかけにもなりました。2009年には都内各所で虹色の広告ポスターを接写した「Rainbow Form」(2009)を発表し、その後、同シリーズを元に2016年までに5つのバリエーション作品「Melting Rainbows」(2010)、「Rainbow Waves」(2013)、「Seventh Depth」(2014)、「Pico」(2015)、映像作品「Pico – Infinity / Pico – Flash」(2016)として派生させた「Rainbow Variations」は、写真の本質である複製・反覆の可能性、デジタル・イメージの流動性を強く追求した小山の代表シリーズとして広く知られています。

本展では、東京を撮影した写真のオリジナルデータを全て消去し、データ復旧ソフトによって復元した際に発生したエラーイメージによる新作をはじめ、プロジェクションで投影されたイメージと投影先のテクスチャーとが引き起こす知覚的不一致にフォーカスした新作など、再び東京をモチーフに制作を始めた小山の現在をご覧いただけます。テクノロジーの発展が生み出した可能性だけでなく、その欠点や誤用をも取り込んで提示されるイメージは、時代とともにつねに更新しつづけてきた写真の歴史とイメージ・メイキングに対する探究を一貫して継続してきた作家の、新たな側面をあらわにすることでしょう。ぜひこの機会にご高覧ください。

—–

TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH #01: PHASE TRANS

Period: 2018.4.27 (Fri.) – 2018.6.16 (Sat.)
Venue: G/P gallery, Tokyo
Open: 12:00 – 19:00
Closed on Sunday & Monday
Web: http://gptokyo.jp/

Opening Talk: 
Date: 2018.4.27 (Fri.) 18:00 – 19:00
Guest: Junya Yamamine (Curator, Contemporary Art Gallery, Art Tower Mito)

Opening Reception: 2018.4.27 (Fri.) 19:00-21:00

Press Release:

G/P gallery presents TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH #01: PHASE TRANS, solo exhibition featuring the latest work by Taisuke Koyama from April 27, 2018 (Fri).

TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH (below TPR) is a contemporary photography project initiated by Koyama and Junya Yamamine (curator of Contemporary Art Gallery, Art Tower Mito). TPR is an endeavor to capture the appearance of Tokyo, heading towards the hosting of the Olympics through researches and works composed via various artists’ perspectives, and aims for the resulting works to be passed on to the post-2020 world.
This exhibition, the first of many TPRs to come, features the latest installation piece by Taisuke Koyama – who returned to Japan at the end of last year after four years of stay in London and Amsterdam – composed of both photography and video works created via his field research of Tokyo.

Throughout the years, the unique qualities of Tokyo has attracted many photographers, who documented the state of its transformation – of each generation and through each individual perspective – by means of various methodologies.
Koyama too, chose Tokyo as the field of his photography, just as he was starting his career as a photographer in the beginning of 2000s, and the resulting photobook, entropix, published in 2008, display Koyama’s attempts to capture vividly, the surface of the city – which he interpreted as an organically modifying phenomenon – through a microscopic point-of-view; this marked the beginning of his venture into the practice of abstract and experimental photography. In 2009, he presented Rainbow Form (2009), a close-up photography work of rainbow colored advertisement posters, and the series Rainbow Variations, which derived five variations until 2016: Melting Rainbows (2010), Rainbow Waves (2013), Seventh Depth (2014), Pico (2015), and the video work Pico – Infinity / Pico – Flash (2016), is widely known as Koyama’s most representative work, demonstrating his pursuit of the possibilities of the essential elements of photography – reproduction, iteration, and the fluidity of the digital image.

Starting with a piece consisted of error images, which result from use of the data recovery software in the restoration process of his purposefully deleted photographs of Tokyo and a piece displaying the perceptual discord arising from contact between the projected image and the surface the image is projected on, in this exhibition, we showcase Koyama’s latest oeuvre, where he set Tokyo as its motif once again. The images, which not only embody the possibilities arising through technological advancements, but also their fallacies and misuse, reveal his consistent research on the constantly renewing history of photography and image making. Please join us in this opportunity to peruse the works.